ビットコインの特徴、利用価値及び規制について

ビットコインが誕生してから、驚きな値上がりスピードで、世間からバブルだと散々言われましたが、客観的にかつ統計的な立場からみれば、どうもバブルではない確率が大です。ただの投機なら、いつくか優位な金融商品もありますので、敢えてビットコインで投機する必要はないと考えられる。

なら、ビットコインの本当の利用価値は何なんですかというと、それは「Bank the un-Banked」です。従来の支払システムとは異り、第三者の協力不要とは魅力です。それこそ、銀行や伝統的な金融の正反対で、いわゆるブロックチェンの切り札です。ただのブロックチェンなら、何の意味も持たないのと思います。

世界中はビットコインに対して規制がどんどん増えていくのも予想されますが、それについていくつかの考えと疑問があります。

まずは、ビットコインなど暗号通貨がマネーロンダリングに利用されやすいという論点に対して、反論があります。確かに、よくそういう新聞やニュースが耳にしましたが、裁量的に考えると、それはただの根拠なき噂にすぎない、もしマネーロンダリングに注目したら、伝統的な金融、証券、銀行などがマネーロンした量はビットコインなど暗号通貨より一万倍以上ではないのですか。かつ、こういったニュースや新聞の震源地が伝統的な金融、証券、銀行からのです。すると、それはただの競争相手の文句、言い訳にすぎないのです。

次が規制や法律規制に対して、疑問を述べます。規制や法律規制は、大体問題が起きてから設けられた法律や条約にすぎない、かつ重要なのは規制の実行力もしくは効果です。MTGOXやCoinCheckなどの盗難事件からみると、規制の無力というのは明らかです。追跡でさえできないというのは、規制の実行力がゼロの象徴です。さらに、もし将来に暗号通貨本制になったら、ますます無意味な規制となります。何故かというと、最初から第三者なきのシステムであるから。すると、各国の規制が盛んでいる中、いつ頃からこういった問題に直視できますかな。

さらに、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュー(BCH)に対して、かなり論争が多いいですが、基本的には、BTCが規制向け用、BCHは無政府主義もしくは自由主義向けと考えられます。

ビットコインが持っているだけで儲かられるのか

よくある話なんですが、ビットコインが持つだけで、値上がるするよというイメージですが、その論拠はビットコインのレアリティに基くものです。

しかしながら、こういう論調は必ずしも成り立つということです。その理由は以下に簡単で説明致します。

極端の例を考えます。もしもビットコインが完全に掘られた(マイニング報酬全部手数料のみの場合)としたら、全員がビットコインを保有するだけなら、その通貨の価値が下る。なぜなら、手数料なしで、マイニングする人もいない、それをビットコインの価値論に戻して、通貨の価値を証明する作業も無くなる。結局、無価値のものになってしまう。ポイントは現世代の信用通貨と違って、ビットコインが先に価値を証明することです。

about the value base of bitcoin and etc.

ビットコインの本源価値があるのかについての考え方。

先ずは、法定通貨について考えて見ます。法定通貨は信用通貨とも言えます。その価値が信用というものに依存します。所謂「信用力」であり、信用を失ったら、全ての終わりです。かなり宗教的なかつ主観的なものに成ります。言い換えると、「紙幣を価値がある」と信じて、その価値が有るということが成り立つ。

それに対して、ビットコインという仮想通貨(Crypto Currency)は、信用力に依存しない、先に「価値があること」を証明してからこそ、流通できるという次世代の通貨です。その価値の証明方法はマイニング(Proof of Work,PoW)という作業である。かなり理解しにくいかもしれないが、哲学上、大きな違いがあります。その価値は、直感的にいうと、マイニングの電気代などと成ります。

これは信用通貨の相対価値とビットコインの絶対価値との違いと思う。

特定ブロックチェーンアドレスの所有及び証明

  • このアドレスは本社に所有することをOP_RETURNにメッセージをサインしました。
  • 検証としては、OP_RETURNのメッセージ「This Address is owned by Phantom Asset, LLC」をサインして、Signatureは「H4lLhKR432g8D2+izM+hBnnZ+5j2BLorJ3IFiVd5pajsSBx8h0ksAetuwUWO8rwUkEszgr+y1hbuI2/JsjKQn3s=」となります。
  • このサイトは改竄された恐れがありますので、すべてBLOCKCHAINで公開されたデータもしくは検証できるデータに準じます。
  • もし模範なデータが存在したら、TIMESTAMPに準じて、有効性を決める。

Launched

Phantom Asset LLC  has launched in July 3rd, 2017. Wish a huge progressing!

Phantom Asset合同会社は2017年7月3日により設立しました。大きな発展を期待しています。